古典作品を斬新な手腕で蘇らせてきた英国バレエ界の奇才、マシュー・ボーンが10代の頃から愛し続けたクラシック映画の名作、そしてアンデルセンの童話をもとに発表した『赤い靴』は、2016年のワールドプレミアで開幕前にソールドアウトを記録し、見事ローレンス・オリヴィエ賞2冠に輝いた。「マシュー・ボーン史上、最高傑作」と評され、イギリス、アメリカ中の観客を魅了した待望の話題作が、遂に日本のスクリーンに初上陸する。
世界一のダンサーになることを夢見る少女ヴィクトリアの野望は、やがて彼女の才能と情熱に惹き寄せられた2人の男性を巻き込み、争いの火種となっていく。ヴィクトリアと彼女を導くレルモントフのモデルとなったのは、伝説の天才ダンサー、ニジンスキーとバレエ・リュスの創始者ディアギレフといわれている。愛に生きるか、ダンサーとしての成功か、究極の選択を前に引き裂かれるヴィクトリアが苦悩の末に辿り着く先とは。巨匠バーナード・ハーマンの名曲に乗せて、愛と芸術をめぐる不朽の名作が鮮やかに蘇る。
踊るために生まれてきたヴィクトリア・ペイジは、レルモントフ・バレエ団を率いる伝説的プロデューサー、レルモントフに才能を見出され、バレエ団のスターとして活躍するようになる。時を同じくして入団した若き作曲家、ジュリアン。若き2人の情熱と才能が買われ、アンデルセンの童話をもとにした新作『赤い靴』に、それぞれプリマドンナと作曲家、指揮者として抜擢される。舞台は大成功、やがて恋に落ちるヴィクトリアとジュリアンだったが、恋愛に溺れるものは、真の偉大な芸術家にはなれないと信じるレルモントフと衝突し、運命の歯車が狂い始めていく。
1960年イギリス、ロンドン生まれ。イギリスで最も人気で成功を収めた振付家・演出家として名高い。バレエ古典作品を斬新な解釈により、オリジナリティあふれる世界観に創り上げてきた。バレエの興行史上最長ロングランを記録した代表作「白鳥の湖」は、オリヴィエ賞、トニー賞をはじめ30以上もの国際的な賞に輝く。2016年にナイトの称号を叙勲。

演出・振付:マシュー・ボーン
舞台・衣装デザイン:レズ・ブラザーストン
照明:ポール・コンスタンブル
音響:ポール・グルーサス
音楽:バーナード・ハーマン
原作:映画『赤い靴』(監督:マイケル・パウエル&エメリック・プレスバーガー)および、ハンス・クリスチャン・アンデルセンによる同名童話
ボリス・レルモントフ(バレエ団プロデューサー)
アダム・クーパー
ヴィクトリア・ペイジ(新星バレリーナ)
アシュリー・ショー
ジュリアン・クラスター(苦悩の若き作曲家)
ドミニク・ノース
イリナ・ボロンスカヤ(プリマドンナ)
ミケラ・メアッツァ
イヴァン・ボレスラウスキー(プリンシパル)
リアム・ムーア
グリシャ・リュボフ(バレエマスター)
グレン・グラハム
★★★★★
豪華絢爛。全てが色鮮やかで美しく紡がれた物語。
What’s On Stage
★★★★
クラシック映画をゴージャスに新解釈した傑作
タイムズ紙
★★★★★
名作映画が舞台上で見事に蘇った
イブニング・スタンダード紙
★★★★
ただただ魅力的
メトロ紙
★★★★
心奪われる。大満足。
ガーディアン紙
★★★★
マシュー・ボーンが至福の魔法をかけた。
デイリー・テレグラフ紙
★★★★★
マシュー・ボーン史上、最高傑作
ザ・ステージ紙
★★★★★
目のくらむような素晴らしさ
デイリー・エクスプレス紙